士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
司法書士

司法書士ニュースヘッドライン 2020/10/08

NHKから国民を守る党とは? – 越智寛之(オチヒロユキ) | 選挙ドットコム

2019年の参議院議員選挙で初めての公党となりました「NHKから国民を守る党」ですが日頃は何をやっている
https://go2senkyo.com/seijika/178787/posts/172197
2020/10/08 17:11

【東京中野区】おざわ行政書士事務所/介護保険サービスや障害福祉サービスの開設&運営の手続きおざわ行政書士事務所 山形大学人文学部4年の時に、知的障害児のための学童保育でボランティアを始めたことをきっかけに、介護保険サービ...

【定年後 難民にならない生き方】相続、財産管理…頼れる専門家の選び方 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

【定年後 難民にならない生き方】相続、財産管理…頼れる専門家の選び方 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト
老後の備えを固めるうえで「専門家」を賢く使うとよいと、よく言われる。夫婦や親子であっても、考えは異なり、思惑はすれ違う。血縁だからこそ、もつれてこじれて手に負え…
https://www.zakzak.co.jp/eco/news/201008/ecn2010080004-n1.html
2020/10/08 15:30

コロナで借金膨らむ女性たちの末路 怪しい副業に手を出し泥沼に… | マネーポストWEB

コロナで借金膨らむ女性たちの末路 怪しい副業に手を出し泥沼に… | マネーポストWEB
 コロナ禍で女性の自己破産予備軍が急増しているという。新型コロナウイルスで大きなダメージを受けた飲食業や小売業、観光業などは、もともと女性比率の高い職場である。これらの業界において、職を失う非正規労働者が増えており、その結果、生活苦に陥る女性も増えているというのだ。
https://www.moneypost.jp/712085
2020/10/08 15:00

澤田税理士事務所 (横浜,東京,神奈川)
低顧問料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」今回は、低料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」をご紹介。 横浜にある澤田税理士事務所は、独立開業より10年以上、所長は...

終活ナビ:株価連動の社債、持ち続けるか悩む – 毎日新聞

 Q 株価連動の社債 持ち続けるか悩む  利回りのいい社債だと言われて購入しましたが、株価に連動する商品のようです。このまま持ち続けるかどうか悩んでいます。どのような注意が必要でしょうか。(60代、女性)
https://mainichi.jp/articles/20201008/dde/012/070/006000c
2020/10/08 12:40

10/24に香美市空き家相談会|高知新聞

 高知県香美市内の空き家所有者を対象にした相談会が24日、香美市土佐山田町宝町2丁目の中央公民館で開…
https://www.kochinews.co.jp/article/403809/
2020/10/08 08:31

司法書士ニュースヘッドライン 2020/04/13無料起業創業相談会@いわなみキッチン | 静岡県裾野市(2020年4月13日)|BIGLOBEニュース シェアスペースを活用して、専...

みんなの掲示板 10月8日|暮らし・文化|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

【巡回車】(9日) ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▷8時半=神埼市脊振交流センター、上峰町・おたっしゃ館(予約制)▷8時45分=太良町・しおさい館 ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▷8時45分=太良町・しおさい館(乳がんは先着55人まで、子宮がん検診は10時15分検診開始)▷13時半=上峰町・おたっしゃ館(予約制) ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/584382
2020/10/08 06:15

コロナの困りごと解消 10日に無料電話相談

 全国の弁護士や司法書士、労働組合などでつくる「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会実行委員会」は10日、新型コロナウイルスの影響で困っている人を対象に、無料の電話相談を実 …
https://www.47news.jp/5348039.html
2020/10/08 05:00

コロナ何でも相談会 「気軽に電話して」 10日、NPOや弁護士が対応 /東京 – 毎日新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大で生活に困窮する人たちの相談に応じる「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る 何でも電話相談会」が10日、全国の36都道府県で実施される。生活困窮者の支援に取り組むNPOメンバーや労働組合、弁護士、司法書士などが実行委員会を作り相談に応じる。取り組みは、4月以降で
https://mainichi.jp/articles/20201008/ddl/k13/040/011000c
2020/10/08 02:01