士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
税理士

税理士ニュースヘッドライン 2020/08/28

EY、WorldAware社と協業開始 ~ビジネス渡航者向けの統合管理ソリューションを提供~:福島民友新聞社 みんゆうNet

・新型コロナウイルス感染症のパンデミック下においてビジネス渡航者の安全性に資する渡航関連データと警告情報を「一元的に」提供 ・新しい時代に不可欠なビジネス渡航管理体制を再構築するグローバル企業を税務と…
https://www.minyu-net.com/prwire/PR202008273572.php
2020/08/28 15:53

【東京中野区】おざわ行政書士事務所/介護保険サービスや障害福祉サービスの開設&運営の手続きおざわ行政書士事務所 山形大学人文学部4年の時に、知的障害児のための学童保育でボランティアを始めたことをきっかけに、介護保険サービ...

EY、WorldAware社と協業開始 ~ビジネス渡航者向けの統合管理ソリューションを提供~|高知新聞

・新型コロナウイルス感染症のパンデミック下においてビジネス渡航者の安全性に資する渡航関連データと警告…
https://www.kochinews.co.jp/article/392986/
2020/08/28 15:00

フリー、「会社設立freee」のiOS版スマホアプリを提供開始 – 株探

クラウド会計、クラウド人事労務ソフトで国内トップシェアのフリーは27日、3ステ…
https://s.kabutan.jp/news/n202008280284/
2020/08/28 10:58

税理士ニュースヘッドライン 2020/02/08ニュースの「つぼ」:「士業」の事業承継支援|秋田魁新報電子版  中小企業や小規模事業者の事業承継は、本県をはじめ全国的に待ったなしの...

〓〓〓HRテック導入支援事業専門のTECODesign、士業事務所向けのクラウド勉強会「クラウドは金曜日」を無料開催。〓〓〓:時事ドットコム

[株式会社TECO Design]株式会社TECODesign(本社:福岡県福岡市、代表取締役 杉野愼)では、クラウド勤怠管理システム、人事労務管理システム、給与計算システムの導入支援業務を実施しています。中小企業のテクノロジー定着の第一歩として、全国の士業事務所へ、クラウド化・デジタル化の勉強会を無償開催いたします。TECODesignのノウハウである、SaaSごとの利用方法や顧問先のIT化案内のサポートプログラムなどの提供を予定しています。————————–…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000055072&g=prt
2020/08/28 10:46

新型コロナ:外食産業守るため「国税の納税猶予制度」活用も 今西税理士が解説 – 日本食糧新聞電子版

 【関西】コロナ禍で最も苦境に立たされている産業の一つが外食店だ。持続化給付金や各種融資制度などさまざまな支援策が打ち出されるが、メディアで取り上げられる機会が少ないのが「国税の納税猶予制度」などである。第2波も取りざたされる中、あらゆるオプションを駆使し、わが国が誇る豊かな外食文化を守る必要がある。そこで今西義行税理士事務所(大阪府枚方市)の今西義行代表税理士に「国税の納税猶予制度」について解説してもらった。(服部泰平)  ●帳簿・通帳用意できなくても口頭説明で申請可能  新型
https://news.nissyoku.co.jp/news/hattori20200823045239083
2020/08/28 07:57

澤田税理士事務所 (横浜,東京,神奈川)
低顧問料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」今回は、低料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」をご紹介。 横浜にある澤田税理士事務所は、独立開業より10年以上、所長は...

コロナで細る“起業”を手助け。クラウド会計freee、スマホアプリで設立書類を作成できるサービス | Business Insider Japan

コロナで細る“起業”を手助け。クラウド会計freee、スマホアプリで設立書類を作成できるサービス | Business Insider Japan
新型コロナの影響で、起業の数が減少している。法務省の統計「会社の登記件数」によると、2020年5月の「設立」件数は7831件で、前年同月比で2割以上減少した。そんなコロナ禍のさなか、スマホアプリに必要事項を記入するだけで、会社設立に必要な
https://www.businessinsider.jp/post-219220
2020/08/28 05:50

「借金の上乗せだよ」相続税ゼロのはずが…兄妹に起きた想定外 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

相続が起きたとき、相続人はいかに税負担を軽くするか、どうすれば払わずに済むのかを考えます。しかし、相続人の中に認知症の人がいると税額を軽減できる特例が使えず、「工夫次第では節税できた相続税」までも払う羽目になるのです。※本連載は、OAG税理士法人取締役の奥田周年氏監修の『親が認知症と思ったら できる できない 相続 暮らしとおかねVol.7』(ビジネス教育出版社、『暮らしとおかね』編集部)より一部を抜粋・編集したものです。
https://gentosha-go.com/articles/-/28093
2020/08/28 05:04