士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
司法書士

司法書士ニュースヘッドライン 2020/07/30

司法書士法人ライズアクロスへ「BtoBプラットフォーム 契約書」を提供:時事ドットコム


[株式会社インフォマート]~司法書士業界のDX化を牽引するため、脱ハンコにおける電子契約締結を推進~ BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:長尾 收 以下、「当社」)は、司法書士法人ライズアクロス(本社:東京都港区、代表:高橋 圭 以下、「ライズアクロス」)が、脱ハンコにおける電子契約の機運の高まりを受け、契約書の締結から契約管理までをクラウドで一元化できる「BtoBプラットフォーム 契約書」の導入・運用を開始し…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000217.000013808&g=prt
2020/07/30 13:41

司法書士ニュースヘッドライン 2020/07/17感染防ぐために中止した旅行、なぜキャンセル料が出るの? 【#コロナとどう暮らす】 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース  本...

認知症男性、区の判断で生活保護 「医療費10割請求は不当」 東京高裁判決 返還、配慮求める – 毎日新聞


 知らぬ間に生活保護を受けていたために、後に膨大な医療費の支払いを求められた――。そんなトラブルの解決を求める訴訟が裁判所に持ち込まれた。東京地裁、東京高裁で言い渡された判決を読み解くと、手厚い日本の社会保障制度にも、隙間(すきま)を埋めるルールが十分に整備されていない現状が浮かび上がった。
https://mainichi.jp/articles/20200730/dde/041/040/023000c
2020/07/30 12:59

強引取り立て、勤務先にも コロナ禍で相談急増:時事ドットコム


給与ファクタリングをめぐっては、国民生活センターなどに「勤務先まで督促の電話がかかって来た」といった相談が相次ぎ、専門家は安易に利用しないよう注意を呼び掛けている。 センターによると、給与ファクタリングに関する相談は2018年11月以降、80件以上寄せられた。「執拗(しつよう)な取り立ての電話が家族全員に来る」「『親の所へ行く』と荒い口調で言われた」などがある。 中小企業向けに正規の債権買い取りサービスを行う業者らでつくる「日本ファクタリング業協会」(東京)によると、昨年10月~今年2月までの相…
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072901149&g=eco
2020/07/30 07:09

澤田税理士事務所 (横浜,東京,神奈川)
低顧問料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」今回は、低料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」をご紹介。 横浜にある澤田税理士事務所は、独立開業より10年以上、所長は...

認知症高齢者の預金、代理引き出し容易に 銀行業界に指針要請 金融庁 – 毎日新聞


 金融庁は、認知症高齢者の預金引き出しに関する指針(ガイドライン)を作るよう銀行業界に求める。家族ら周囲の人が、生活サポートのため本人に代わって預金を引き出しやすくなるよう環境整備するのが狙い。私的流用を防ぐため預金引き出しに厳格な手続きをとるのが原則だが、2025年には高齢者の5人に1人が認知症に
https://mainichi.jp/articles/20200730/ddm/008/020/094000c
2020/07/30 02:01