士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
税理士

税理士ニュースヘッドライン 2020/05/20

【成田市中小企業等緊急支援給付金】【4つの提出書類には柔軟性があります】【基本郵送手続き:手続… – 鳥海直樹(トリウミナオキ) | 選挙ドットコム


【成田市中小企業等緊急支援給付金】 【4つの提出書類には柔軟性があります】 【基本郵
https://go2senkyo.com/seijika/158414/posts/136895
2020/05/20 18:33

澤田税理士事務所 (横浜,東京,神奈川)
低顧問料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」今回は、低料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」をご紹介。 横浜にある澤田税理士事務所は、独立開業より10年以上、所長は...

所得税の納付期限を最長1年延ばせる特例猶予の対象と申請書の書き方 | マネーポストWEB


 新型コロナで急に収入が減ると、相対的に負担が増えるのが税金だ。特に重い負担となるのが、所得税(国税)や前年の収入に対してかかる住民税(地方税)だ。たとえば年間の課税所得が330万~695万円だった人の場合、所得税の税率は20%。住民税は所得にかかわらずおよそ10%の税率がかかる。1人一律10万円の「特別定額給付金」だ
https://www.moneypost.jp/661165
2020/05/20 15:00

終活支援データサービス「まも~れe Pro」の提供を開始 – ZDNet Japan

ZDNet Japanは、CIOの課題を解決するオンラインメディアです。CIOや企業の情報システム部門に向けて、ITを活用した課題解決や価値創造のヒントを提供します。
https://japan.zdnet.com/release/30443183/
2020/05/20 14:00

【東京中野区】おざわ行政書士事務所/介護保険サービスや障害福祉サービスの開設&運営の手続きおざわ行政書士事務所 山形大学人文学部4年の時に、知的障害児のための学童保育でボランティアを始めたことをきっかけに、介護保険サービ...

FP-MYS 株式型クラウドファンディング「GoAngel」を活用した公募の開始について:時事ドットコム

[株式会社FP-MYS]相続・贈与サービスとして初のクラウドファンディングを開始相続・贈与プラットフォーム レタプラを開発する株式会社FP-MYS(本社:北海道札幌市 事業拠点:東京都中央区、代表取締役 工藤崇)は、株式投資型クラウドファンディング「GoAngel」を使った株式公募を開始したことをお伝えいたします。相続・贈与プラットフォーム レタプラは「50歳など早期に第一歩を準備する」をコンセプトに、税理士・資産コンサルタント・司法書士・行政書士などの士業に幅広く利用されています。合わせて当社…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000024.000033573&g=prt
2020/05/20 12:55

ミロク情報サービスは反発の動き | 財経新聞

ミロク情報サービス(東1)は財務・会計ソフトの開発・販売・サービスを主力として、クラウドサービスやFinTech分野を強化している。
https://www.zaikei.co.jp/article/20200520/567193.html
2020/05/20 08:31

税理士ニュースヘッドライン 2020/02/21「スタディング」有料受講者累計6万人突破(KIYOラーニング) - CNET Japan 「スタディング」有料受講者累計6万人突破(...

東京新聞:<新型コロナ>最大100万円 持続化給付金 申告の区分で対象外:政治(TOKYO Web)

 新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが急減した中小企業や個人事業主に政府が給付している「持続化給付金」を巡り、一部の個人事業主が、税務署の指定通りに税務…
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020052002000115.html
2020/05/20 07:56

新型コロナで設備投資が減少するも「テレワーク」関連は増加 – M&A Online

新型コロナウイルスの影響が企業の設備投資に影を落とし始めた。先行き見通し難を理由に設備投資を計画する企業が減少する中、生産性の向上やテレワーク導入に関する投資が目立ってきた。
https://maonline.jp/articles/tdb_capitalinvestment202005020
2020/05/20 05:45

改正相続法で「現金の少ない地主」が多くの土地を失いかねない理由 | 改正相続、もめごと全解決! | ダイヤモンド・オンライン


今回の相続法の大改正で、現金の少ない地主は、相続の際にいままで以上の土地を失いかねない事態になっている。特に地主を悩ませている「遺留分侵害額請求権」について解説する。
https://diamond.jp/articles/-/237107
2020/05/20 05:45