士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
税理士

税理士ニュースヘッドライン 2020/05/02

全国に緊急事態宣言!中小企業の倒産危機を救え!コロナ融資の種類は?利子は?返済期間はどうなるの?企業再生実績を誇る専門家が立て直し支援スタート | ORICON NEWS

Release No.640462|コロナ融資・助成金相談から事業承継まで総合的にサポート〜無料相談受付〜災害などにより経営が難しくなった企業の立て直し支援を行ってきた税理士法人アイユーコンサルティングでは、新型コロナウイルスの影…
http://www.oricon.co.jp/pressrelease/640462/
2020/05/02 19:45

澤田税理士事務所 (横浜,東京,神奈川)
低顧問料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」今回は、低料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」をご紹介。 横浜にある澤田税理士事務所は、独立開業より10年以上、所長は...

住宅ローンの借り入れに必要な書類は? 手続きの流れに沿って解説 | マイナビニュース

住宅ローンを借りるためには、金融機関に所定の書類を提出しなければなりません。その数は多く、事前審査や本審査、契約時など手続きごとに異なる書類を提出することになります。ここでは、住宅ローン借り入れの流れ…
https://news.mynavi.jp/article/20200502-1028786/
2020/05/02 17:00

年収700万円の夫婦が老親を「扶養家族」にした場合のメリット | マネーポストWEB


 お金にまつわる様々な制度は「一緒に住んでいる世帯」単位のもの、と考えている人もいるかもしれない。だが、離れて暮らす「親子」でも、制度を活用して税金や社会保険料を抑えられるケースがある。有力なのが、年金生活の親を子供世帯の「扶養」に入れる選択だ。扶養家族というと「同居」が必須と考えがちだが、そんなことはない。税理士の犬
https://www.moneypost.jp/657261
2020/05/02 15:00

税理士ニュースヘッドライン 2020/03/14確定申告、税理士に頼まず自己判断したら大損!税務調査で知識のなさにつけ込まれ… 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな商品は「棚卸...

税金はまだ取り戻せる! 新婚から年金受給者までチャンスあり (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)


 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、所得税などの確定申告の期間が延長されている。「わが家は関係ない」と申告を見送った人の中にも、該当者がいる可能性はある。昨年会社を辞めた人、iDeCoの掛け金の年末…
https://dot.asahi.com/wa/2020043000015.html
2020/05/02 09:00

相続でもめないために事前準備を  WEDGE Infinity(ウェッジ)


「相続のことは頭では分かっていても、他人事と思って準備しない人が多いが、トラブルを防ぐためにも事前に真剣に考えてもらいたい」と話すのは、『ホントは怖い相続の話』(パル出版)を今年1月に出版した、相続・事業継承専門「税理士法人レディング」の木下勇人代表だ。これまでに3000件もの遺産相続に関った相続専門の税理士として、相続でもめたくない人のために、事例を挙げながら分かりやすく解説している。
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/19455
2020/05/02 06:07

税理士ニュースヘッドライン 2020/10/14家賃支援、申請58万件に対し給付は30万件 手続き煩雑、「確認中」のまま2カ月 - 毎日新聞  新型コロナウイルスの感染拡大を受けた...

相続対策のサブリース物件「賃料契約見直し」で破綻続出の恐怖 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

長期休暇中に腰を据えてじっくり考えたい「相続」の問題。2015年の税制改正以後に倍増した相続税課税対象者のうち、土地オーナーの多くが節税対策として「サブリース契約」によるアパート経営を選択しています。しかし、2025年をめどに契約見直しの時期に入り、賃料減額を迫られる可能性があります。本記事ではサブリース契約増加の経緯とその問題点を解説します。※本記事は、野村・多賀谷会計事務所の宮路幸人税理士の書き下ろしによるものです。
https://gentosha-go.com/articles/-/26500
2020/05/02 05:00