士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
税理士

税理士ニュースヘッドライン 2020/04/21

ユニオンテック、建設業向けに新型コロナ支援制度を説明 | 住宅・不動産ニュース:企業・団体:新建ハウジングDIGITAL(新建新聞社)

建設工事マッチングプラットフォームを運営するユニオンテック(東京都新宿区)の企業内研究所、ConTech総研(以下、総研)はこのほど、認定事業再生士で鳥倉再生事務所代表の鳥倉大介氏監修のもと、新型コロナウイルス感染症に伴う建設業向けの政府支…
https://www.s-housing.jp/archives/197387
2020/04/21 17:06

税理士ニュースヘッドライン 2020/04/24日本政策金融公庫の特別貸付の提出書類 「新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書」を自動作成する機能を提供:時事ドットコム ...

新型コロナウイルスの影響による各種税務申告期限の延長を動画で解説:時事ドットコム

[税理士法人 山田&パートナーズ]税務申告期限延長「何をすれば良いのか、誰でも簡単にすぐわかる」動画を配信税理士法人山田&パートナーズ(代表:三宅 茂久、本社:東京都千代田区)では新型コロナウイルスの影響による各種税務申告期限の延長について、最新情報とその対応策を解説した動画を4月21日に配信しました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国税庁では各種税務申告期限を延長しています。税理士法人山田&パートナーズでは、新型コロナウイルスの影響により各種税務申告を延長しなければならない場合の対応策に…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000014.000045801&g=prt
2020/04/21 16:05

毎日の自粛生活、ご苦労様です❗自粛や休業などに対するまとめです。 – 尾名高勝(オナダカマサル) | 選挙ドットコム


毎日の自粛生活、ご苦労様です❗ 自粛や休業などに対するまとめです。 長くてすみません❗ 一般家
https://go2senkyo.com/seijika/20759/posts/127479
2020/04/21 12:34

【東京中野区】おざわ行政書士事務所/介護保険サービスや障害福祉サービスの開設&運営の手続きおざわ行政書士事務所 山形大学人文学部4年の時に、知的障害児のための学童保育でボランティアを始めたことをきっかけに、介護保険サービ...

還元率入り!ふるさと納税「干物」のおすすめ返礼品ランキングを更新 (2020年4月21日) – エキサイトニュース

大手9のポータルサイトを横断比較できる「ふるさと納税ガイド」は、外出自粛要請中もご自宅で美味しいご飯を食べて頂けるよう、ふるさと納税でもらえる干物のおすすめランキングを更新しました。何がお得か分かりや…
https://www.excite.co.jp/news/article/Atpress_211133/
2020/04/21 11:30

飲食店経営の弁護士がコロナ禍の「生き残り方」指南 「根性ではなく、今を乗り切るための知識が必要だ」 |au Webポータル国内ニュース

「今重要なのは、生き残ることです」 新型コロナウイルスの影響は、飲食店に深刻なダメージを与えています。こうした状況の下、自身も飲食店を経営する弁護士が積極的に発信をつづけています。 もともと飲食店ビジ
https://article.auone.jp/detail/1/2/2/19_2_r_20200421_1587433391681451
2020/04/21 10:39

税理士ニュースヘッドライン 2020/05/02全国に緊急事態宣言!中小企業の倒産危機を救え!コロナ融資の種類は?利子は?返済期間はどうなるの?企業再生実績を誇る専門家が立て直し支援ス...

父が亡くなった…「医療法人の出資持分」で高額な相続税発生 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

事業承継は、一朝一夕には解決しないもの。周りが進めていないからといって、自社の事業承継を先送りにしてはいけません。よくある失敗事例から、事業承継について学んでいきましょう。今回は、『〈4訂版〉税理士が見つけた!本当は怖い事業承継の失敗事例55』(東峰書房)より一部を抜粋し、相続税が免除される「持分なし医療法人」への移行について、辻・本郷 税理士法人の楮原達也氏が解説します。
https://gentosha-go.com/articles/-/25996
2020/04/21 05:08

「長男の嫁に遺産を」のはずが…8000万円の分割、嫁の怒髪天 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

年間約130万人の方が亡くなり、このうち相続税の課税対象になるのは1/10といわれています。しかし課税対象であろうが、なかろうが、1年で130万通りの相続が発生し、多くのトラブルが生じています。当事者にならないためには、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが肝心です。今回は、口約束が招いたトラブル事例を、円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。
https://gentosha-go.com/articles/-/26607
2020/04/21 05:08