士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
税理士

税理士ニュースヘッドライン 2020/04/13

小規模事業者向けメール配信サービス「オレンジメール2000」新型コロナウイルス対策で6月30日まで無償提供:時事ドットコム


[株式会社オレンジスピリッツ]ECやスクールなど「メールを届かせたい」事業者様必見株式会社オレンジスピリッツ(本社:東京都中央区、代表取締役:野口洋一)は、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、2020年4月6日(月)~2020年6月30日(火)の期間、小規模事業者向けメール配信サービス「オレンジメール2000」を無償にてご提供いたします。■無償提供の背景とメッセージ新型コロナウィルスの影響により、顧客へのご連絡が必要な事業者様より非常に多くのお問合せをいただいております。この状況を受け、当社サービ…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000002.000056348&g=prt
2020/04/13 14:05

【東京中野区】おざわ行政書士事務所/介護保険サービスや障害福祉サービスの開設&運営の手続きおざわ行政書士事務所 山形大学人文学部4年の時に、知的障害児のための学童保育でボランティアを始めたことをきっかけに、介護保険サービ...

協働と個の成長が成果を生む。PwCの根幹を成す、「サステナブル」なチームカルチャーとは | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

あなたはコンサルタントにどんなイメージを持っているだろうか。専門領域に関する卓越した知識とデータを駆使し、ロジカルに経営構造の最適化を目指す。徹底した成果主義であり、成果を出せない者は生き残ることのできない、生き馬の目を抜く世界だ、と。Pw
https://forbesjapan.com/articles/detail/33673
2020/04/13 11:00

相続税申告で不要?拒否はできるのか | ガジェット通信 GetNews


相続税申告で不要?拒否はできるのか
https://getnews.jp/archives/2492444
2020/04/13 10:30

税理士ニュースヘッドライン 2020/05/23経理担当者が描く理想のキャリアパスTOP3、3位会計士・税理士、2位キャリアチェンジ、1位は?(@DIME) - Yahoo!ニュース ...

チュートリアル・徳井「復帰タイミングが最悪だった!」… テレビ局側も起用に二の足、コロナで仕事消滅|エンタMEGA

 チュートリアルの徳井義実が、復帰はしたものの、露出を増やせずに苦境が続いているという。  徳井は、国税局におよそ1億2000万円の申告漏れがあることを指摘され、昨年10月から謹慎して活動を自粛していた。その後2月に芸能…
https://entamega.com/37290
2020/04/13 08:16

税理士ニュースヘッドライン 2020/05/23経理担当者が描く理想のキャリアパスTOP3、3位会計士・税理士、2位キャリアチェンジ、1位は?(@DIME) - Yahoo!ニュース ...

チュートリアル・徳井「復帰タイミングが最悪だった!」… テレビ局側も起用に二の足、コロナで仕事消滅|エンタMEGA

 チュートリアルの徳井義実が、復帰はしたものの、露出を増やせずに苦境が続いているという。  徳井は、国税局におよそ1億2000万円の申告漏れがあることを指摘され、昨年10月から謹慎して活動を自粛していた。その後2月に芸能…
https://entamega.com/37290
2020/04/13 08:00

税理士ニュースヘッドライン 2020/08/25【セキュリティ ニュース】CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業(1ページ目 / 全1ページ):Security NEXT ...

「君の子供を産んだかも」同窓会で隠し子発覚…『認知』する? | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

「遺言を書いておけばいいんでしょ?」「お金少ないし、子どもたちが何とかしてくれる」…相続のシーンでは、こういった声が多く聞かれます。しかし、安易な生前対策をした結果、骨肉の「争族」が発生してしまう例は後を絶ちません。そこで連載では、税理士法人レディング代表・木下勇人氏の書籍『ホントは怖い 相続の話』(ぱる出版)より一部を抜粋、さまざまな事例をもとに、相続の基礎知識を解説していきます。
https://gentosha-go.com/articles/-/25698
2020/04/13 05:06

遺言はなくとも…生前の相続対策で、残された家族に届いた想い | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

「相続対策はいつ頃から始めるべきなのだろう…」。そう気にされている方は少なくないでしょう。自身が元気に暮らしている間は、考えることに特に抵抗があるかもしれません。それに対し、税理士法人田尻会計の税理士・古沢暢子氏は、相続対策はいつ始めても早すぎることはなく、遅すぎることもないと述べています。本記事では、10年後の相続を想定して対策を始めたAさんの例をご紹介します。
https://gentosha-go.com/articles/-/26376
2020/04/13 05:06