士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
税理士

税理士ニュースヘッドライン 2020/03/23

国内17万社の財務情報とデータ解析に基づく企業分析プラットフォーム「QFINDR」正式リリース:時事ドットコム


[株式会社クレジット・プライシング・コーポレーション]企業情報の「収集・集計」から「アナリティクス」へ株式会社クレジット・プライシング・コーポレーション(東京都中央区、代表取締役社長:鈴木洋壹)は、企業評価のベストプラクティスを集約した企業分析プラットフォーム「QFINDR」を本日正式リリース致します。株式会社クレジット・プライシング・コーポレーション(以下、CPC)は、金融業界に対するコンサルティング実務において培った企業価値・信用リスク等の評価分析技術を最大限に駆使して、国内上場企業を含む約…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000055531&g=prt
2020/03/23 16:35

税理士ニュースヘッドライン 2020/01/14MJE、フレキシブルオフィスの協業モデルの展開スタート。起業家や企業を支援する場の拡大を目指す:時事ドットコム [株式会社MJE]フ...

度量や間口の広さが田舎を進化させる原動力に・・―映画「ブルックリン」に見る格差と排他主義について―Ⅲ(おしまい) :税理士 海江田博士 [マイベストプロ鹿児島]


田舎も悪くない、と思わせなきゃあ・・[せっかくの人材を再び都会へと追いやるのもまた田舎]意地の悪い老婦人の心無い言動のために、再び田舎と決別することを決断した女性主人公。似たような現象を、これまで何組も見てきた私も、これを…
https://mbp-japan.com/kagoshima/kaieda/column/5049993/
2020/03/23 11:20

AIは会計士・税理士の仕事を奪うか :公認会計士 柴田翔吾 [マイベストプロ福岡]


アクセスいただき、ありがとうございます。“今はAIブーム”と言われて、数年が経ちました。1950~60年代の第1次ブーム、1980年代の第2次ブームに続いて、今は第3次AIブームと呼ばれているようです。会計士・税理士は、よく”AIに奪われる職業…
https://mbp-japan.com/fukuoka/4844cpa/column/5049996/
2020/03/23 11:30

【東京中野区】おざわ行政書士事務所/介護保険サービスや障害福祉サービスの開設&運営の手続きおざわ行政書士事務所 山形大学人文学部4年の時に、知的障害児のための学童保育でボランティアを始めたことをきっかけに、介護保険サービ...

ヒミツの副業が確定申告で“会社バレ”…やってはいけないミスとは? | ニコニコニュース


 今年も確定申告のシーズンがやってきた。ほとんどの会社員は年末調整が済んでいるので「自分には関係ない」と思ってはいないだろうか? しかし、あなたの税金は、実はやり方次第でもっと減るかもしれない。お金の賢者や節税を実践している会社員の声を聞…
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6883205
2020/03/23 09:00

故・八千草薫さん、3億円豪邸を恩人に寄贈していた マネ語る“見事なる終活”(デイリー新潮) – Yahoo!ニュース


稀代の名女優は人生の幕の閉じ方も一流である。昨年10月に膵臓がんのため亡くなった八千草薫(享年88)の豪邸がこのほどある人物らに遺贈された。その陰に彼女の「終活」があって――。 *** 身内に先立た
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200323-00613905-shincho-ent
2020/03/23 05:59

税理士ニュースヘッドライン 2020/02/05パソコンで確定申告体験 高岡商業高会計科(北日本新聞) - Yahoo!ニュース 高岡商業高校会計科2年生39人は5日、高岡市横田の...

アパートの相続対策を検討…売ったほうがいい?売らないほうがいい? | 不動産投資メディアのINVEST ONLINE(インベストオンライン)


Q.アパートの相続対策を検討…売った方がいい?売らない方がいい? A.アパートは相続対策で売った方がいいケースと売らない方がいいケースがあり、どちらがベストなのかについては相続対策の趣旨によって異なります。
https://invest-online.jp/qanda/qanda-trouble-74-19801/
2020/03/23 06:25

「そこまでやるか!」…不正を見逃さない、税務調査員の本気 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン


自宅の土地を80%割引で相続ができる「小規模宅地等の特例」。この特例が使えるか/使えないで、相続税が千万円単位で変わることがあります。そのため、この特例を巡って“ごまかし”が行われることが多いようです。しかし、ひとたび税務調査が入れば、すぐにバレてしまうでしょう。今回は小規模宅地等の特例で行われる不正は、どうして明るみになってしまうのか、円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。
https://gentosha-go.com/articles/-/26122
2020/03/23 05:04