士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
税理士

税理士ニュースヘッドライン 2019/12/28

社員が横領→税務調査でなぜか追徴課税!訴えたら国税局の間違いが認められた


元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きなホテルは「宿泊税のかかるホテル」です。税務調査を受けて、良いことなどひとつもありません。ごくまれに「税務調査がきっかけで…(1/2)
https://biz-journal.jp/2019/12/post_132112.html
2019/12/28 19:30

【東京中野区】おざわ行政書士事務所/介護保険サービスや障害福祉サービスの開設&運営の手続きおざわ行政書士事務所 山形大学人文学部4年の時に、知的障害児のための学童保育でボランティアを始めたことをきっかけに、介護保険サービ...

〈近ごろ通信〉野中英美さん(22) 在学中に公認会計士試験に合格した佐賀市東与賀町出身で九州大学4年|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE


税理士の父義美さんを見て育ち、自身は公認会計士を目指した。大学1年生の時、運動中に足にけがをし「治療の期間を有効に使いたい」と、試験勉強を始めた。福岡の専門学校に通い、大学の勉強と並行して試験勉強に励んだ。 試験はマークシート方式の「短答式」と「論文式」の二つがある。短答式は昨年クリアし、今年11月に論文式に合格した。今年の合格率は10・7%だった。 福岡に事務所がある監査法人に就職が内定しており、大学院の進学も目指している。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/471476
2019/12/28 18:41

事業承継における不動産の役割と注意点 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)


事業承継で引き渡す(引き継ぐ)ものとしては、社員や取引先といった「人」、自社株式、事業用資産、債権や債務などの「資産」、技術・技能などの「知的資産」の3つがあるといわれます。 「資産」のなかでも、とりわけ重要となるのが不動産です。社屋や工場の敷地のほか、賃貸用の不動産を保有しているなどさまざまなケースが考えられます。 …
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_8643077/
2019/12/28 10:08

税理士ニュースヘッドライン 2019/12/14大モメした「遺産分割協議」…相続争い10年、まさかの決着 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン 相続トラブル...

【尾藤克之のオススメ】「600+100×3」の答え、わかります? 電卓を「使いこなす」と仕事が変わる! : J-CAST会社ウォッチ


「電卓」は、計算機の一種で電子式卓上計算機の略です。名前のとおり、電子回路によって計算を行い、卓上で使用できるサイズのものを指します。1960年代に登場した電卓は重量が20~30キログラムもある大型が主流でしたが、液晶に置き換えることで急速にコンパクト化していきます。現在は、ソフトウェアがパソコンや携帯電話に搭載されていて、卓上かつ「専用」ではなくなっています。
https://www.j-cast.com/kaisha/2019/12/28375940.html?p=all
2019/12/28 10:00

利益1兆円のソフトバンクGが「法人税0円」、国が大企業を優遇する合理的理由


今年10月、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が、自身が設立した会社が数年間にわたり所得申告をしておらず、東京国税局から約1億2000万円の申告漏れ等を指摘…(1/3)
https://biz-journal.jp/2019/12/post_133875.html
2019/12/28 07:02

澤田税理士事務所 (横浜,東京,神奈川)
低顧問料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」今回は、低料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」をご紹介。 横浜にある澤田税理士事務所は、独立開業より10年以上、所長は...

年収1000万円になったら知っておきたい税務調査のあれこれ【大河内薫さんに聞く・中編】 | ZUU online


「日本一フリーランスに優しい税理士」と称し、多種多様な職種のフリーランスを中心に支援する税理士の大河内薫さん。年収1000万円が見えてきたら知っておくべき税金対策の知識とは?高年収フリーランスが着目すべきトピックを、具体例を交えながら大河内
https://zuuonline.com/archives/208985
2019/12/28 07:00

義父の介護をした長男の妻は?相続人の「寄与分」認否の基準 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン


相続が発生してからの「相続税対策」は打つ手が限られますので、事前の対策が重要です。相続税専門の税理士法人チェスター監修の本連載では、具体的な相続税対策について分かりやすく解説していきます。今回は、被相続人に対する貢献を相続財産に上乗せすることが認められる「寄与分」について解説します。
https://gentosha-go.com/articles/-/24874
2019/12/28 05:03

相続税が600万円も軽減した事例も…相続の「限定承認」とは? | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン


財産を相続する方法には、無条件ですべてを相続する「単純承認」と、プラスの遺産の範囲内でマイナスの遺産も相続する「限定承認」、相続そのものを拒絶する方法「相続放棄」があります。本記事では、限定承認の仕組みと、相続税の負担が軽減する場合を具体的に見ていきます。※本記事は、アンパサンド税理士法人の山田典正税理士の書下ろしによるものです。
https://gentosha-go.com/articles/-/24831
2019/12/28 05:04