士業ニュースヘッドライン
士業情報のニュースヘッドラインを集めています。
税理士

税理士ニュースヘッドライン 2019/12/11

ビジネススクールが実装するウェルビーイング:“ヒューマンOSとネットワーク”という名のマインドセット|WIRED.jp


不確実性が増す時代において、ビジネスパーソンのスキルセットが曲がり角にきているいま、身を助く術(すべ)とは何か。リカレント教育やビジネススクールと、学びの重要性が叫ばれるなか、学長自らが「学位やMBAが欲しいだけの人は他の大学院へ」と強烈な
https://wired.jp/2019/12/11/globis-ws/
2019/12/11 19:00

税理士ニュースヘッドライン 2020/05/01東京都の協力金 全国最高額にも感謝と不満 「対象になってよかった」「その場しのぎ」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 新型コロナ...

なぜ大家さんは消費税還付が受けられないのか |楽待不動産投資新聞


一部メディアなどで、金地金売買による「消費税還付スキーム」が、今度の税制改正で封じられることになりそうだと報じられた。法の抜け穴を突くこうした手法は以前から国税庁も問題視しており、ついに政府も動き出すことになりそうだ。詳細は税制改正大綱の発表後に改めてお伝えしたい。 さて、前回の記事では、そうした「消費税還付
https://www.rakumachi.jp/news/column/250916
2019/12/11 18:02

混乱のテコンドー協会、秋田市出身・木村氏はどう立て直す|秋田魁新報電子版


 強化体制を巡ってトップ選手と対立が続いていた全日本テコンドー協会の新理事が10日、東京都内で開かれた理事会で承認され、新会長に日本卓球協会名誉副会長の木村興治氏(78)=秋田市出身=が就任することが…
https://www.sakigake.jp/news/article/20191211AK0023/
2019/12/11 11:08

税理士ニュースヘッドライン 2019/12/28社員が横領→税務調査でなぜか追徴課税!訴えたら国税局の間違いが認められた 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きなホテルは「宿泊税の...

【特集】社会人の資格取得トレンド~2020年版~(4) 税理士やFP……社会人に人気の資格や最近のトレンドを聞いてみた | マイナビニュース


2019年も残すところ1カ月ほどとなり、東京五輪という一大イベントが行われる2020年がもう目前に迫っている。4年に1度の祭典開催ともなれば、飲食や観光などのさまざまな分野で商機が見込めるだけに、新たに資格取得を考えているという人もいるのではないだろうか。
https://news.mynavi.jp/article/qualification-4/
2019/12/11 10:20

TACは出直りの動き、20年3月期減益予想だが上振れ余地 | 財経新聞


TAC(東1)は「資格の学校」を運営し、中期成長に向けて新事業領域への展開も強化している。
https://www.zaikei.co.jp/article/20191211/543694.html
2019/12/11 09:04

澤田税理士事務所 (横浜,東京,神奈川)
低顧問料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」今回は、低料金・高品質で評判の横浜「澤田税理士事務所」をご紹介。 横浜にある澤田税理士事務所は、独立開業より10年以上、所長は...

ASCII.jp:親の介護でモメない相続、「介護した人」も現金請求ができる!


今回の相続法改正でとても注目度が高いのが、「相続人以外の親族の特別寄与制度の創設」です。法定相続人ではない長男の嫁など、介護や看護をした人への貢献が法的にも認められたという意味では、非常に画期的なことでしょう。要は相続人以外にも介護の貢献分を現金請求することが可能になったのです。
https://ascii.jp/elem/000/001/991/1991711/
2019/12/11 06:00

税務調査の今後…納税者が「きわめて勝ちやすくなる」理由 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン


※本連載は、元国税調査官の税理士である松嶋洋氏の著書『それでも税務署が怖ければ賢い戦い方を学びなさい 調査官も知らない税務調査の急所』(金融ブックス)より一部を抜粋し、正確な税務調査知識をもとに国税・税務調査でうまく戦える方策を紹介します。
https://gentosha-go.com/articles/-/23918
2019/12/11 05:13

親の介護でモメない相続、「介護した人」も現金請求ができる! | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン


今回の相続法改正でとても注目度が高いのが、「相続人以外の親族の特別寄与制度の創設」です。法定相続人ではない長男の嫁など、介護や看護をした人への貢献が法的にも認められたという意味では、非常に画期的なことでしょう。要は相続人以外にも介護の貢献分を現金請求することが可能になったのです。
https://diamond.jp/articles/-/223038
2019/12/11 04:55